『トム・ストッパード(4) アルカディア』(ハヤカワ演劇文庫43) トム・ストッパード 著

  • 2018.03.08 Thursday
  • 12:39

 『アルカディア』(ハヤカワ演劇文庫43)

  トム・ストッパード 著/小田島 恒志 訳

 

   ⭐⭐⭐⭐⭐

   即座に二度読みした深い作品

 

 

ストッパードはチェコ生まれですが、ナチスから逃れてイギリスに移住した経歴を持ちます。

映画『恋に落ちたシェイクスピア』の脚本も彼が担当したものです。

作品が知的で難解なため、テーマがどこにあるのかわからなかったりするのですが、

人物や台詞が魅力的でグイグイと読み進んでいけます。

 

僕は週6日労働のため演劇を観に行く時間がなかなか得られません。

演劇ファンですらない素人読者です。

ハヤカワ演劇文庫で出ているストッパードの作品はすべて読んでいますが、

舞台は一度も観ることができていません。

そのため、読みながら自分の脳内で舞台を再現しています。

 

本作はある貴族の館を舞台にしていますが、2つの時代を行き来する構成になっています。

ロマン派の詩人バイロンがその館に滞在した19世紀初頭と、

バイロンの周辺人物を研究する研究者や作家がその館を訪れている現代。

観客は2つの時代をめぐりながら、過去の出来事を現在の舞台上の人物とともに謎解きをしていきます。

 

過去場面ではバイロン本人は肉体として舞台上に登場しません。

館の持ち主であるカヴァリー伯爵の娘で数学の天才トマシナと、

その家庭教師で女好きのセプティマスを軸に、

館に呼ばれた植物学者で詩人のチェイターと庭師のノークス、トマシナの母などが出てきます。

劇はトマシナがチェイター夫人の不倫話をセプティマスに始めるところから始まるのですが、

その不倫相手が実はセプティマスで、それを知ったチェイターが決闘を申し込みに飛び込んできます。

この出来事が現代場面に持ち越されていくことになります。

 

現代場面では館の主であるヴァレンタイン・カヴァリーのところに、

この館の庭にある隠者の庵に住んでいた人物を研究する作家ハンナが滞在しています。

そこにチェイターのことを調べにきた伊達男バーナードが現れます。

ヴァレンタインの妹クロエはバーナードを気に入り、その弟で寡黙なガスはハンナを思慕しているという関係です。

情熱家バーナードと冷静なハンナは意見が対立しがちで、ヴァレンタインは科学者の立場に立っています。

 

バーナードはバイロンがチェイターと決闘して殺したと考えています。

ただ、観客はチェイターが決闘を申し込んだのがセプティマスだと知っていますので、

その後の展開がどうなったのかが気になってきます。

トマシナが書き残した方程式をヴァレンタインが解明していくあたりもミステリアスな展開になっています。

 

「訳者あとがき」で小田島恒志が指摘しているように、

この作品はエントロピーの増大をテーマのひとつとして取り扱っています。

劇では過去と現在が交互に展開するのに、舞台となる部屋に置かれた小物は2つの時代を通じて増え続けます。

ストッパードはこのようなエントロピーという不規則性の増大と、芸術が古典主義からロマン主義へと移行する過程を重ねます。

過去パートにノークスという庭師が登場するのも、

イギリス庭園がフランス的幾何学図式と異なる不規則性(ピクチャレスク・スタイル)を重視していたことを関連させたいからでしょう。

 

ストッパードは規則的・可逆的なニュートン力学を神の象徴と捉え、

熱力学に属するエントロピーによって世界が不規則的・不可逆的であることを示すのですが、

この劇に感動を呼び起こされるのは、エントロピーを生み出す熱を人間の情熱へと読み替えているからです。

バーナードの遠い過去の事実を知りたいという情熱、トマシナのセプティマスを恋い慕う情熱、

これらが不規則性を生み出していく要因だとストッパードは暗に示しています。

(ここには示しませんが、注意深く読めば台詞に根拠をみつけることができます)

 

残念ながら、バーナードもトマシナもその情熱のために破滅の運命をたどることになります。

しかし、『アルカディア』は決して悲劇でも喜劇でもありません。

この短期的な失敗も長い人間の歴史の中で引き継がれ、道を成すというのがストッパードのメッセージです。

彼は劇中でセプティマスにこう言わせています。

 

我々は何かを拾うと何かを捨てる。両腕いっぱいに荷物を抱えて歩く旅人のように。そして私たちが捨てた物は後から来る誰かが拾います。道は長いが人生は短い。私たちは道の半ばで死んでしまう。しかし、何一つ道からはみ出すことはない、だから失われるものは一つもありません。

 

不規則な情熱によって何かを失っても、それを後から来る人が拾ってくれる、

そのため、われわれは道を踏み外すことも、何かを失うこともない、

この美しいテーマが劇のまとめに置かれるのではなく、中盤より前にあるのが憎いところです。

僕は本書を読み終わってすぐに二度目の読みに取りかかったのですが、

最初に読んだときはこのセリフに注目できませんでした。

 

トマシナを失ったセプティマスは誰にも知られない隠者となりますが、

時を経てそれをハンナが後から拾っていることになります。

 

劇の後半は2つの時代が舞台を変えずに同時に展開していきます。

ラストは時代を超えてトマシナとセプティマス、ガスとハンナの2つのカップルが同時にダンスを踊る美しいシーンで幕を閉じます。

時間の不可逆性を超えて一致を見る瞬間、道を踏み外さず失われるものない境地、これぞアルカディア(理想郷)というところでしょうか。

 

ストッパードは科学を扱いながら、演劇の芸術性でそれを超えてみせます。

科学が専門のヴァレンタインにも、ストッパードはこのようなことを言わせています。

 

予測できないことと予め決まっていることが一緒になって展開して、何もかも今ある状態になっていく。こうして自然は自らを創り上げている、それもあらゆるレベルで──ひらひら舞う雪も、吹雪も。そう考えると僕は幸せを感じるんだ。最初の、何も分かっていなかった頃に立ち返るみたいで。

 

神の意志と人間の不規則性が一緒になって形成されるのが自然だとヴァレンタインは考えます。

考えてみれば、演劇というのもそういうものかもしれません。

作者の意志と役者の不規則性によって構成される舞台、それが演劇ですから。

機会があったら一度この舞台を実際に見てみたいと思いました。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM