『蒙古襲来と神風 - 中世の対外戦争の真実』 (中公新書) 服部 英雄 著

  • 2017.11.27 Monday
  • 15:56

『蒙古襲来と神風 - 中世の対外戦争の真実』  (中公新書)

  服部 英雄 著

 

   ⭐⭐⭐⭐⭐

   権威に挑む気骨ある研究者に拍手を送りたい

 

 

本書は蒙古襲来の定説に挑む気骨ある研究者の本です。
最大のポイントは日本史の教科書でも書かれている、
蒙古が一夜にして台風で全滅したという「神風史観」の検証です。

服部はあとがきで「最近は学界の定説を疑問視すること、
通説を実証的に否定していくことが自分の使命ではないか、
と思うようになった」と書いているのですが、
それというのも、ろくに検証もせずに無批判な孫引きをする研究が多く、
教科書にまで書いてあったりするからなのだそうです。

定説をひっくり返すのがいかに大変かは、素人でも想像がつきます。
(Amazonレビューですら権威に批判的だと風当たりが強かったりします)
こと歴史に関しては事実をめぐる争いなので、資料による実証しか手がありません。
そのため、本書の大部分は資料による実証的な事実追求になっています。
第5章はまるまる全部が、竹崎季長が描かせた『蒙古襲来絵詞』の検証に当てられています。
読んでいて、かなり専門的、学術的な内容という印象を受けましたが、
僕はたかぎ七彦のマンガ『アンゴルモア 元寇合戦記 (1) (カドカワコミックス・エース)』で元寇に興味を抱いていたので、
いろいろ面白くて一気に読んでしまいました。

クビライの元軍(蒙古・高麗軍)は1274年の文永の役と1281年の弘安の役の二度攻めてきました。
服部はまず文永の役に来襲した元軍の実際の戦力を考察します。
これまでは九〇〇艘4万人が定説だったようなのですが、服部は三〇〇艘3万人が妥当ではないか、と述べます。
それから、文永の役は台風によって1日で終わったわけではない、と通説を覆します。
嵐は吹くには吹いたが時期的に台風ではないし、それで蒙古・高麗軍が撤退したのでもなく、
実際は戦いの末に日本軍が敵を退けたとして、

 

すなわち神風史観の骨格をなす、文永の役における、嵐によって一夜で殲滅なるものは、幻想・虚像にすぎない。けれども信じられやすかった。

 

と結論づけます。

弘安の役については、さらに詳細な検証が行われます。
驚いたことに、これまで不動の定説とされていた池内宏の説というのが、1931年(満州事変の年!)なのだそうです。
服部はにおわせるだけなのですが、おそらく「神風史観」なるものは、
皇国史観の亜種として侵し難い聖域となっていたのでしょう。
(服部が終章で神風特攻隊の美化を批判につなげるのも、そう考えると唐突には感じません)
第三章はこの池内説に対する反証がメインになります。

僕は池内の『元冦の新研究』を読んでいないので、一方の言い分しか聞いていないわけですが、
それでも服部の主張には大いに説得力がありました。

たとえば元軍(実質は東路軍=高麗軍と江南軍=降伏南宋軍)の進軍日程について、
池内説では高麗から対馬まで19日もかかったことになっています。
通信使の使者は1日で必ず来るだけに、疑問なく受け入れるのが難しいのは確かです。
服部は出発した日のうちに対馬に到着したと考えています。
戦争なのですから、ダラダラしているのは不自然ですよね。

また、『高麗史節要』にある「日本世界村大明浦」を池内は対馬としているのですが、
80年前までは常識であった志賀島と考えるべきだという見方も納得です。
どうも対馬説にはたいした根拠もなく、池内説の権威によってまかり通ってきたようなのです。

元軍に台風の被害はあったのですが、それで全滅したというのはまちがいで、
台風後にも死闘がくり広げられたというのが服部の考えです。
では神風という発想はどこから来たのでしょうか。
服部はこう述べています。

 

さて、みてきた通り、当事者誰一人、神の戦いとはひと言もいっていない。神の戦いで決着がついたのなら、嵐が吹いた一日には終戦になるはずだが、彼ら日本軍はなおも戦いつづけ、それも多くの参戦者が負傷するほど、激しい戦いを強いられた。一方の貴族たちは、一日夜に決者がついたとし、神のおかげだと手放しで喜んでいる。

 

現場にいない貴族たちが神のおかげと騒いでいたのです。
このように服部が定説を実証的に覆していく作業はスリリングです。

このあと、海底遺跡や前述した『蒙古襲来絵詞』の検証をしていきます。
ここでは、どうやって信頼できる記述と後世の創作とを区別するのか、
歴史学の専門的な手続きを知ることもできます。
蒙古襲来後の日元関係にも触れます。

みんなが従っている定説なんだから正しいだろう、と「思考停止」をしてしまう人が多いのは、
学者の世界でも同じようです。
「通説=多数派を批判すれば、たちまち一人となる」と服部はもらしていますが、
たとえ孤独になっても正しいことは主張する、という気概には見習うべきものを感じます。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM