『徹底検証 日本の右傾化』 (筑摩選書) 塚田 穂高 他著

  • 2017.08.31 Thursday
  • 17:12

『徹底検証 日本の右傾化』 (筑摩選書)

  塚田 穂高/斎藤 貴男/高史明 他著 

 

   ⭐⭐⭐⭐

   「右傾化」の現象を追うだけだと本質を見誤る

 

 

包括的に日本の「右傾化」を徹底検証する本ということで、
多くの執筆者がいくつかの視点で「右傾化」を問題視しています。
「右傾化」している方々の中には、戦後日本は左翼教育をしていて、
日本のマスコミの多くは左翼思想の価値観に貫かれているため、
右派的な言説が正義の少数派なのだという詐術を信じる人が少なくありません。
その意味では、日本が「右傾化」していて多数派となりつつあることを立証するのは、
そのような詐術に依存する人々に対する反撃にはなると思います。

ですが僕は「右傾化」という切り口はあまり効果的だとは思いません。
「そう言いたてる人間は左翼だ」と言えば否定はしきれませんし、
イデオロギーに関心がない人々には無関係な話になってしまうからです。

本書で検証されている「右傾化」にはいくつかの視点があります。
在日などに対する排外主義的な傾向、
自民党など政治の右傾化、
教育制度や家族制度などの復古主義、国家主義的な傾向、
テレビ番組などの自己賛美のナルシシズム、
歴史認識をめぐる自虐史観から自賛史観への転換、
宗教団体の国家主義への依存、
だいたいこんな感じで分けられると思います。

整理すれば、排外主義と復古主義と国家主義と歴史修正主義そしてナルシシズムとなりそうです。
このような要素をまとめて「右傾化」という「現象」として片付けるよりも、
それぞれの問題の「本質」を考えて、さらにそれらを連結させることが重要なのではないでしょうか。

たとえば歴史修正主義やナルシシズムに関しては、
〈フランス現代思想〉に代表されるポストモダン思想受容にも見られる問題です。
つまり、リベラルを自認する人々にそのルーツがあるわけです。
消費資本主義に享楽したバブル期の価値観がこれらを産み出したことを考えないと、
問題の「本質」にはたどり着けません。

排外主義と復古主義と国家主義は保守主義的傾向と考えられます。
このような発想が台頭した原因は、バブル崩壊後の日本経済の凋落にあるのは間違いありません。
中国経済が世界を席巻し、その国際的地位を高めたことが影響しています。
人口減少に見舞われる将来の日本が現在の国際的地位を維持できる見込みは残念ながら低いと言わざるを得ません。
「アジアの盟主」だった時代はもう過去のものとなりつつあるわけですが、
このような日本の凋落に傷ついた人々の心の癒しが、
中韓などに対する排外主義だったり、かつてアジアを支配した軍国主義日本への復古的憧憬だったり、
国家の力を強めたいという国家主義への傾斜だったりするのです。

このような「右傾化」の「現象」の奥にある「本質」こそが研究されるべきであって、
「現象」についてだけ問題にしてわかりやすい犯人探しをするのは、
これも一種の排外主義的なやり方になる恐れがあります。

僕は日本の右傾化「現象」の「本質」にあるのはバブル期への憧憬だと思っています。
おそらく30代、40代に代表されるバブル期やその残滓を当然のように享受した世代が、
このような「現象」を牽引しているのではないでしょうか。
復古主義と見られる人々は経済面では戦前の状態を評価してはいないと思います。
「右傾化」した人々は戦後の言説が左翼的だと批判することはありますが、
戦後の経済成長を批判している姿を僕は見たことがありません。
本当の復古主義であるなら、これは非常に「ずるい」ことです。

日本の宗教の世俗主義に関しては今に始まった事ではないので、
社会が変化すれば世俗宗教も同じ方向をたどっていくのは当然に思えます。

これらすべてのことを連結することができるとすれば、
それは「バブルの繁栄をもう一度」というナルシシズムの充足だということになります。
作られたバブルを自分の実力と勘違いし、ナルシシズムを巨大化させたことを直視せず、
いまだにナルシシズムが一人歩きしているのが日本の「右傾化」の真の姿なのではないでしょうか。

そのうちにバブルを知らない世代が現実的な視点でものを考えるようになってきます。
日本の「右傾化」はそれまでの過渡的現象だと思いますが、それでも当分の間は続いてしまうのでしょう。

 

 

 

評価:
塚田 穂高
筑摩書房
¥ 1,944
(2017-03-14)
コメント:『徹底検証 日本の右傾化』 (筑摩選書) 塚田 穂高 他著

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM