『コロンビアの素顔』 (かまくら春秋社) 寺澤 辰麿 著

  • 2016.10.18 Tuesday
  • 22:12

コロンビアの素顔』 (かまくら春秋社)

 寺澤 辰麿 著

 

   ⭐⭐⭐⭐⭐

   コロンビアを知る貴重な本

 

 

著者の寺澤は元財務官僚で、2007年から2010年までは在コロンビア大使でした。
寺澤はコロンビアを他のラテンアメリカ諸国と異なる存在とし、
知られざるコロンビアの姿を描き出すことに努めています。

先頃、コロンビアのサントス大統領がノーベル平和賞を受賞したので、
ちょうどコロンビアへの関心も高まっているところです。
(平和賞は左翼ゲリラFARC(コロンビア革命軍)との和解についてなので、
この問題に関しては寺澤の前著『ビオレンシアの政治社会史』を読む方がよいでしょう)

書名には「素顔」とありますが、現地人の生活を対象としたものではなく、
元官僚らしく行政と経済に関する堅い内容でした。
情報は充実しているのですが、読み易さには少し欠けている印象です。

地理や歴史について軽くふれたあと、政治体制と社会構造、経済政策の話になります。
寺澤が強調するのはコロンビアに軍事独裁体制がほとんど誕生しなかったということです。
自由党と保守党の二大政党制が長く続き、1991年憲法でそれが解体されましたが、
コロンビアには専制政治への拒否感や言論の自由が強く働いてきました。
ウリベ大統領の3選が妨げられたことにもそれがよく現れています。
(対して日本では自民党総裁の任期が3期9年に伸ばす案が浮上しています)

また、経済面ではハイパーインフレや通貨危機を経験していないのが強みです。
コロンビア経済が適切に増税を行い、ポピュリズムと縁がないことが大きいのですが、
その原因を寺澤は縁故政治とインテリ主導の官僚制、労働運動の弱さ、言論の自由に求めています。
新自由主義にも対応し、資源にも期待ができるため、
寺澤は投資の対象として経済的に安定したコロンビアを薦めています。

年金や社会保障についても興味深く読みました。
ただ、一般の人々の生活についてイメージできる記述に乏しいのと、
周辺国との関係性についての記述がなかったのが残念でした。
全体に内容はかなり専門的で、観光程度の興味に応える本ではないような気がします。

 

 

 

評価:
寺澤 辰麿
かまくら春秋社
¥ 1,944
(2016-04-15)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM